本文へスキップ

電話でのお問い合わせは042-766-8555

メールでのお問い合わせはこちら

認知症プログラム一覧program

認知症高齢者 日常生活自立度がVa以上の方に応じたプログラムプログラムを個別、もしくは少人数のグループで提供しています。


イメージ2

いきいきとした心を取り戻す「回想法」

会話をしながら楽しく、過去を思い出すことで、気持ちの安定やコミュニケーションの活性化に繋がります。
認知症状のある方は人に伝えることのできない不安や苦しみを抱えています。自分がどのように生きて、どのような存在であるのかを回想法を通じて振り返ることで、明日への自信と誇りを取り戻していけるよう支援しています 。


イメージ3

認知症の進行抑制・予防を重視した「コグニサイズ」

国立研究開発法人国立長寿医療センターが開発した運動です。頭を使う作業と体を動かす動作を組み合わせたプログラムです。
例えば…計算をしながら足踏みをする、ステップに合わせて決まった動作をする等、頭を使いながら体を動かすことで認知症の進行予防の効果があると言われています。


イメージ4

心身を活性化する「音楽」

音楽にはリラックス効果があります。メロディを聴き、リズムに合わせて体を揺らし、声を出すことで脳の活性化を促進する効果があります。 流行歌であれば、その頃を思い出したり、曲名や歌詞を思い出すという回想法の効果も期待できます。自然と歌詞を口ずさむことで、思い出せることへの自信を取り戻すきっかけになります。


イメージ2

日常生活に密着した「作業」

調理や園芸、手芸など日常の作業を通じて、心身機能の維持や強化、幸福感や人とのつながりの回復をはかります。 リハビリテーションと感じないよう、対象となる方々が無理なくできる日常的な作業を活用し行うので、安心して取り組むことができます。今まで行ってきたなじみの作業は認知症状のある方でも失われにくい傾向があり、自信の回復や回想法としての効果も期待できます。


イメージ3

心身の機能を高める「運動」

運動には「心身機能を同時に高める」「脳を活性化させる」「脳の血流を改善させる」「リフレッシュして自信を取り戻す」「体を通した回想法になる」など様々な効果があります。 身体を動かしているのは脳です。五感で捉えたものを判断し、自身の身体状況を把握し動作を行うという指示を脳が体に出しています。運動中は脳の機能をフル活用させており、そうした刺激が脳の活性化に繋がります。


イメージ4

楽しみながら取り組める「レクリエーション」

認知症状のある方はできないことが増えていくことで自信を喪失し、不安や絶望を抱えている方が多くおられます。レクリエーションはそうした否定的な感情を和らげ、新しく楽しみを見つけるきっかけになります。 気軽に遊び感覚で取り組めるレクリエーションは、笑ったり、喜んだり、悔しんだりと様々な感情を引き出し、活き活きとした心を回復させます。



法人情報

古淵デイサービスセンター

〒252-0344
相模原市南区古淵4-24-1
TEL.042-766-8555
FAX.042-766-8848
kb@tf-kai.jp